飛行機観察 ~羽田―那覇①~

私は先日沖縄に行ってきました。
今回はその時見た飛行機を紹介したいと思います。

私が乗った飛行機は日本航空(JAL)のBOEING767でした。
767は全長55mほどで、JALの中では777の次に大きく、中型機に分類されます。

離陸はD滑走路でした。
D滑走路は羽田の滑走路の中で一番新しく、2010に供用が開始されました。
この滑走路の構造は桟橋部と埋立部からなる世界的にめずらしいものです。
そしてD滑走路のRWY05は羽田の中で唯一着陸できない滑走路でもあります。
RWY05とはその滑走路が向いている向きで、
北を360、東を090、南を180、西を270というように、
RWY05は050の方向を示しています。

RWY05着陸できない理由は、この下は桟橋でできているからです。
この構造は度重なる航空機の着陸に耐えられるようには設計されていないので、
離陸用だけに使われています。

img_0982

img_0985

cid_ii_157d83fd890fa535
画像引用:youtube.com

高校1年 R・M