ファイナンスパーク体験学習プログラムを行いました。

中学2年生がいわき市体験型経済教育施設Elem(エリム)に行き、ファイナンスパーク体験学習プログラムを行いました。

ファイナンスパーク体験学習とは、収入・家族など与えられた条件の中で、生活を成立させるために必要なコストを計算し(今回は18項目)、生徒自身で「選択と意思決定」を行う力などを養う学習のことです。

学校での事前学習では「収入と支出のバランス」「家庭におけるお金の使いみち」「賢い生活費の立て方」「クレジットカードやローン」などを学習してきました。しかし実際に、年齢・家族構成・年収などが割り振られた個人情報カードをもとにやってみるとなかなか難しく、「家族の洋服を買ってあげたいから被服費を多くて外食を少なくした。」など、自分のことだけではなく、家族のことを考えてお金を使っていたことに気づく事ができました。

このプログラムを通して、家族を支えることの大変さや支えてくれる人たちへの感謝の思いを感じれた1日になりました。今日の経験を活かし、将来賢い生活をしてほしいなと思います。