オンライン授業~試行錯誤の一カ月~

コロナウイルスの影響で3月から断続的に休校が続いています。
まだしばらく休校などが続きそうですね。

本校では、3月からオンラインでの授業やホームルームのあり方を研究、試行してきました。
5月からはオンラインでの活動をより拡張できるよう準備を進めているところです。
(もちろん、ネット環境が整っていない生徒への配慮も検討しています。)

教員による生のオンライン講義はもちろん、本校ではスタディサプリの講義動画も視聴できますので、
休校期間に学びが止まることはありません。

個別添削や口頭試問、課題の提出も「オンラインでまずはやってみよう」ということで試行しています。
課題を出して「生徒の自主性に任せる」とは聞こえは良いのですが、実際そううまくはいきません。
登校はできなくても、きちんと面倒を見る。それが本校の面倒見のあり方です。

以下は休校期間中に運用された時間割の例です。