福島民報に掲載されました。

各学年・教科で取り組んでいる活動が福島民報に掲載されました。
県内外の有志企業などがスポンサーとなり、復興支援として「福島の若い力を新聞で応援キャンペーン」が始まり、中学・高校の各教室・各階フロアに福島民報・福島民友を設置して3年が経ちました。
国内外のニュースに対して高いアンテナを張り、それぞれの教科の壁を越えて考える力を養うために、これからも新聞を活用して欲しいです。